厨房play塞胡萝卜/用舌头剥开小花瓣疼/埋入体

  叔母に気付かれるのを恐れて、足と足を振ってキルトの中に隠れました。ちょうど今ドアでスパイしていることを彼女に知らせたら、それは素晴らしいことです。

  私が緊張していたように、突然鳴き声が窓から出ました。

  叔母は心の中で安らぎ、じっと立っていて、彼女はそれについて考えたに違いないと思っていたのですが、どうして夜中のドアに誰かがいるのでしょうか?

  彼女の気分を落ち着かせた後、彼女は部屋に戻りそうになり、突然それをちらっと見て、私のドアが閉まっていないことに気づいた。

  叔母は私の部屋に向かって歩いて行き、ドアが開くまで、私の心臓が喉にぶつかりました。

  終了しました、今すぐ終了する必要があります!思いました。

  私が予期していなかったのは、叔母が静かにベッドに行き座ったということでした。

  「アウェイ、あなたは眠っていますか?”

  私はあえて目を開けず、答えようともしませんでした。

  叔母は深くため息をつきました。「この子供の掛け布団はしっかりと覆われていません。風邪をひいたら、片付けることができます。”

  その後、私の手はキルトの奥深くにまっすぐになりましたが、それは問題ではありませんでした。

  今回は全身が伸びました。

  おもちゃを使っている叔母の写真を見たばかりなので、反応していません。

  叔母は触れて、びっくりして、岩のように感じましたが、最初はまだ反応していなかったので、小さな角を開けると気づきました。

  彼女は突然顔を赤らめ、彼女の心拍数は特に加速しました。

  文学

  「これ、これ、どうしたの?Aweiは麻痺していませんか?なぜそんなにひどい反応があるのでしょうか?影響しませんか?「おばさんは黙って考えた。

  彼女は信じられません。

  なんらかの理由で、彼女は突然暖かく感じ、通り過ぎました。その瞬間、彼女はそのアイデアを思いつきました。

  夫は長い間仕事をしておらず、一人の女性が空いている部屋に一人で滞在しています。

  その瞬間、叔母は私の首都を見て、コントロールを失い始めました。

  彼女は私のパジャマを手でゆっくりとさえ切った。

  私はとても眠くて、gro径部に冷たい感触を感じ、全身が冷えましたが、とても刺激的でした。

  この感覚は特に素晴らしく、新鮮な味があり、これは私が今まで経験したことのない刺激です。

  そして、他の人ではなく、彼女にこの種の感情をもたらすために、長年彼女のファンタジーを。

  私はそれを受け入れたかったのですが、断りました。

  彼女は私の叔母です、どうすれば私たちの間でこれを行うことができますか?

  これを考えて、私はすぐにひっくり返り、目を覚ますふりをして、目をこすりました。

  「おばさん、なぜこんなに遅く眠っているの?「

  姑姑被吓坏了,她的手立刻被拉了出来,脸红着脸盯着我,咬了咬嘴唇,咬了咬嘴唇,``不,我看到你的被子没有被正确遮盖,我是来找你的”

  “哦,”我回答穆娜。

  “现在,继续睡觉,我会睡觉。“姨妈几次看了我一眼,猜测她从她的眼睛中避免了羞愧的感觉。谈话后,我起身离开了卧室。

  我姑姑离开后,我整夜起床。

  我在想她。

  想到用玩具的照片,她以为她晚上跑到我的房间,用手抚摸着我。

  鉴于此,我开始感到后悔,但没有假装醒来,我不知道姨妈会对我做什么。

  几天后,当我姑姑看着我时,她的脸变成红色,衣服变得越来越性感。

  不像以前那样苛刻,但是非常温柔和关怀。

  这种强烈的对比使我非常不舒服。为什么它突然改变了?我叔叔一年四季都出门在外,心里寂寞,这是真的吗?只是一个男人在家见我,所以您想到了这个主意吗?

  可能是因为您的脚已经愈合并进入青春期,但是当您晚上睡觉时,您的整个身体会感到非常不舒服。

  那天晚上,我姑姑刚从洗手间冲了个澡,打算坐轮椅进入洗手间。

  以前我瘫痪了,我来姨妈家住了几年。年轻的姨妈坐在轮椅上,被推入浴室,洗了个澡,洗了我。随着年龄的增长,我并没有做背部。我洗了洗,自己坐在轮椅上,自己洗了,这有点烦人,但可以解决。

  现在我不仅感到felt愈,而且资本也不少。

  我姑姑刚洗完澡,所以她仍在换一个篮子。我不方便接受。现在我可以四处走动了,我下了轮椅,跑到篮子里捡起衣服。

  闻到它的鼻子,闻起来很香。

  我一想到这一切就结束了,我的心脏就会特别振奋,非常坚强。

  我不禁解决。就在接近山顶时,我突然不知不觉地滑到了脚下,笔直地跌倒了。

  糟糕!

  下降真的很艰难,但没什么大不了的。就在我试图从地面站起来的时候。

  突然,浴室外面传出了姨妈的声音。

  “走了,怎么了?”

  听到姨妈漂亮的声音后,我立即感到沮丧和充满恶意。然后我想到了一个疯狂的主意。现在我的脚已经愈合了,姑姑一点也不知道。不是吗

  “阿姨,我在洗澡时不小心踢了脚。你来帮忙”

  一听到她的声音,她就很担心我不想四处走动。我穿着一件非常宽松的白色蕾丝睡衣。

  一双干净柔软的腿使人感到发痒。

  “为什么这么粗心!”

  我的姨妈在地上凝视着我,叹了口气,走着轮椅坐在轮椅上帮助我,但是当我试图帮助我时,我不小心对准了我,嘴巴惊讶地张开了。。

  我很惊讶为什么这么大?瘫痪时他没有回应,但是现在他突然感到了。

  然后姨妈的眼睛完全被吸收了,隐约地,我可以感觉到姨妈的眼睛充满欲望。

  现场非常尴尬,我姑姑很快意识到她很快转过头,耳朵很快变红,并帮助我坐在轮椅上。

  ``走了,你。您是否先将泡沫洗掉?」

  我从姨妈那里拿起了腐竹,凝视着她性感的睡衣,我内心的邪恶想法变得更加强烈。

  “阿姨,我的脚不方便。你能帮我打开水龙头吗?“拜托,拜托。

  我的姑姑点点头,微微转过身,我故意把尤巴的头转向她。

  她一打开水就猛烈地撞击了她。

  突然,我的姨妈湿透了,已经很薄的睡衣被雨淋湿了,形状变得更清晰了。

  我的姑姑大喊,立即关掉水。

  “走了,你在做什么?」

  >>>>在线阅读所有章节的全文 <<<<